TOPページ > 軟水・硬水って何 > 軟水と硬水の特徴

軟水と硬水の特徴

軟水・硬水それぞれ特徴があります。

軟水の特徴

軟水は硬度が低い水であり、カルシウムとマグネシウムの含有量が少なく、以下のような特徴を持っています。

■ 飲みやすい

口当たりが軟らかく、クセがないため飲みやすいのが特徴です。

日本の水が軟水であるため、飲み慣れているという事も飲みやすいと感じる一因です。

■ 素材の香り・風味を生かせる

軟水はミネラル分の含有量が少ないため、和食など素材の香りや風味を生かす料理に適しています。これは、グルタミン酸などの旨味成分を上手く引き出せるためです。

同様に、日本茶・紅茶・コーヒー・ウイスキーの水割りなどに使用すると味や香りを十分に引き出すことが出来ます。

硬水の特徴

硬水はカルシウムとマグネシウムの含有量が多く、以下のような特徴があります。

■ クセがある

これは日本人が軟水に慣れているためでもありますが、含まれているカルシウムやマグネシウムにより、若干苦みやクセを感じる事が多いのが特徴です。

飲み慣れれば気になりませんが、人によって好き嫌いが出ます。

■ ミネラル補給

人間はスポーツなどで汗をかくと、水分と同時にミネラルも失われます。硬水にはミネラルが多く含まれているため、軟水よりもミネラル補給に適していると言えます。

また、妊婦のカルシウム補給や、女性に多い便秘の解消・ダイエットのためのミネラル補給などにも適しています。

■ 洋風料理に適している

硬水は「灰汁が出やすい」「臭みを抑えられる」という特徴があるため、肉を使った料理に適していると言われています。洋風の煮物や鍋物に特に適しています。

結局どちらがよいのか

日本人は軟水に慣れているため、軟水の方が飲みやすいのは事実です。

しかし硬水の方が美味しいという人もいますし、結局好みと用途にもよりますので一度両方飲んでみて下さい。

しかし、幼児やまだ小さなお子さんには硬水は与えない方がよいと言われています。日本人は欧米人に比べてミネラルの消化・吸収能力が低いため、硬水に含まれるミネラルを消化しきれずお腹をこわすことがあるためです。


トラックバックURL: 

関連する内容

Vittel(ヴィッテル)

Vittel(ヴィッテル) images/data/vittel.jpg" alt="Vittel(ヴィ

Contrex(コントレックス)

Contrex(コントレックス) images/data/contrex.jpg" alt="Contr

バナジウム天然水

バナジウム天然水 images/data/banaziumu.jpg" alt="バナジウム天然水" w

サントリー天然水(南アルプス)

サントリー天然水(南アルプス) images/data/alpus.jpg" alt="サントリー天然水

evian(エビアン)

evian(エビアン) 商品名:evian(エビアン) カルピス伊藤忠ミネラルウォーター

六甲のおいしい水

六甲のおいしい水 images/data/rokkou.jpg" alt="六甲のおいしい水" widt

Volvic(ボルヴィック)

Volvic(ボルヴィック) images/data/volvic.jpg" alt="ボルヴィック"

CRYSTAL GEYSER(クリスタルガイザー)

CRYSTAL GEYSER(クリスタルガイザー) images/data/cristal.jpg" a

おすすめ!おいしい硬水

硬水は飲みづらい? 一般的に硬水はクセがあって飲みづらいと言われていますが、好みはそれぞれですのでまずは飲んでみると良い

おすすめ!おいしい軟水

日本人は軟水が飲みやすい 私は、1日1本(500ml)必ず飲んでます(最近は水素水が多いですが)。 そんな軟水大好きな

軟水と硬水の特徴

軟水・硬水それぞれ特徴があります。 軟水の特徴 軟水は硬度が低い水であり、カルシウムとマグネシウムの含有量が少なく、以下

軟水と硬水って何?

日本の水は軟水です 一般に市販されているミネラルウォーターのほとんどは、「軟水」「硬水」「硬度○○」と書かれています。