TOPページ > 水と健康の基礎知識 > 水分摂取で得られる効果

水分摂取で得られる効果

水分をしっかり取るとどのような効果があるのでしょう。

「たかが水でしょ?」と侮る事なかれ。
体中の細胞はあなたが想像する以上に水分を欲しています。

意識的に水分を取ることで素晴らしい効果を得ることが出来るのです。

1.生活習慣病の予防

水分の摂取が十分でないと、血液中の水分が不足して「ドロドロ血液」になりやすくなります。血液がドロドロだと血行が悪くなってしまうため、あなたの体は心臓のポンプ力を増して血行を良くしようと頑張り、高血圧になりやすくなるのです。

また、体の末端部分へ血液が流れにくくなり老廃物も排出しにくくなるので、血行障害や肥満、糖尿病などの生活習慣病にもなりやすくなります。

しかし、意識的に水分を摂取することで、あなたの血液が「ドロドロ血液」になることをある程度防ぐことが出来ます。

ドロドロ 矢印 サラサラ

水分補給をしっかり行い、ドロドロ血液をサラサラ血液へ!

ドロドロ血液をサラサラ血液にすると、血液の流れが悪くなる(動脈硬化)事が原因で発症する「脳梗塞」「心筋梗塞」「狭心症」といった日本人の死因の上位を占める病気を防ぐことが出来ます。

もちろん、水分の摂取だけではなく脂肪を減らす・甘いものを控える努力も必要ですよ。

2.便秘の解消

便秘の原因には「食物繊維の不足」「運動不足」「ストレス」などが挙げられますが、「水分不足」も便秘の大きな要因とされています。

水分が不足することで便が固くなり排泄されにくくなるうえ、消化液の分泌量も減ってしまいます。

意識的な水分摂取で便秘が解消されるケースも少なくありませんので、便秘気味の方は意識的な水分補給を心がけてみて下さい。

3.痛風発作の予防

痛風発作は、血中の尿酸の濃度が高まり血液に溶けきれないで結晶となると起こります。つまり、水をしっかり飲んで血中の尿酸濃度を下げてあげることで痛風を予防する事が出来ます。

しかし、糖分を含んだ飲み物で水分を補給すると、中に含まれている糖分がプリン体の代謝に影響を与えてしまいます。

やはり、水分補給をするのであれば「水」を飲むことが好ましいと言えるでしょう。

水分補給で万病予防

代表的なものを3つ挙げてみましたが、他にも「腎臓結石」「頭痛」「脂肪の代謝」「乾燥肌」など色々な効果があることが学会や研究で発表されています。

水は清涼飲料水やコーヒー等と違い、基本的にノンカロリーです。水分をしっかり取って健康的な生活を送りましょう!!

※腎臓に疾患のある方、心臓病・高血圧の方が水を飲みすぎると悪影響を与える可能性がありますので、そのような方は医師の指示に従って下さい。


トラックバックURL: 

関連する内容

おいしい水の定義

実は(旧)厚生省が基準値を定めている ほとんど知られていませんが、旧厚生省に「おいしい水研究会」という研究会があり、「お

水分補給の上手なタイミング

基本は「喉が渇く前に」 「喉の渇き」は、脱水症状のシグナルに他なりません。 ですから、水分補給の基本は「喉が渇く前に水を

喉が乾いたときはもう遅い?

喉が渇きは脱水症状のシグナル 「喉の渇き」は、体からのSOSサインです。 喉が渇いたと感じた時点で、血液中の水分量低下に

水分を摂れる体にしよう

徐々に飲める量を増やしましょう 「私は普段水分を摂らない生活なので・・・」と、食事以外でほとんど水分を摂らない(摂れない

1日に必要な水分量

水を飲むことが重要だということはわかっていただけましたか? では、1日どれくらいの量の水を飲んだら良いのでしょうか。 1

水分摂取で得られる効果

水分をしっかり取るとどのような効果があるのでしょう。 「たかが水でしょ?」と侮る事なかれ。体中の細胞はあなたが想像する以

体の中の水分の役割

まずは体内での水分の働きを知っておきましょう。 体内での水分の働きは 1.摂取した栄養素を体全体に運ぶ2.体内の老廃物を