TOPページ > 水と健康の基礎知識 > 水分補給の上手なタイミング

水分補給の上手なタイミング

基本は「喉が渇く前に」

「喉の渇き」は、脱水症状のシグナルに他なりません。

ですから、水分補給の基本は「喉が渇く前に水を飲む」です。

水分補給が必要なタイミング

起床後のコップ1杯の水と就寝直前のコップ1杯の水は日課にして下さい。

ミネラルウォーター

人間は、寝ている間に呼吸や汗で最低コップ1杯の水分が失われるといわれています。

これはもちろん冬でも同様ですし、寝ている間に多くの汗をかく夏はさらに多くの水分が失われます。

特に40代以上の方は要注意。

コップ1杯分、水分が失われている状態で急に活動を始めることにより脳梗塞が起きやすくなっています。

実際、脳梗塞で倒れる方は朝起き抜けの時が一番危ないと言われています。

また、朝の1杯の水で胃腸が目覚めて動きが活発になるので朝食の消化が良くなり、消化不良による腹痛などを防ぐことも出来ます。

お風呂上がりにビールをキュー!!
という、世の中のお父さんが楽しみにしているこの瞬間はわからないでもないですが、入浴の前後は水か麦茶などを飲むようにしましょう。

入浴中も汗をかきますので水分が失われます。

そこでビールやジュースを飲みたくなる気持ちも分かりますが、そこはやはり「水」で水分を補給しましょう。

それ以外の時間の水分補給は

1回につき100~200mlずつ、こまめに水分を補給しましょう。

呼吸や発汗・排尿により、特にスポーツなどをしていなくても水分は消費されます。

その失われた水分は当然補給する必要があります。

人間が一度に吸収できる水分量は250mlが限度と言われていますので、250mlずつこまめに水分補給するのが最も効果的です。


トラックバックURL: 

関連する内容

おいしい水の定義

実は(旧)厚生省が基準値を定めている ほとんど知られていませんが、旧厚生省に「おいしい水研究会」という研究会があり、「お

水分補給の上手なタイミング

基本は「喉が渇く前に」 「喉の渇き」は、脱水症状のシグナルに他なりません。 ですから、水分補給の基本は「喉が渇く前に水を

喉が乾いたときはもう遅い?

喉が渇きは脱水症状のシグナル 「喉の渇き」は、体からのSOSサインです。 喉が渇いたと感じた時点で、血液中の水分量低下に

水分を摂れる体にしよう

徐々に飲める量を増やしましょう 「私は普段水分を摂らない生活なので・・・」と、食事以外でほとんど水分を摂らない(摂れない

1日に必要な水分量

水を飲むことが重要だということはわかっていただけましたか? では、1日どれくらいの量の水を飲んだら良いのでしょうか。 1

水分摂取で得られる効果

水分をしっかり取るとどのような効果があるのでしょう。 「たかが水でしょ?」と侮る事なかれ。体中の細胞はあなたが想像する以

体の中の水分の役割

まずは体内での水分の働きを知っておきましょう。 体内での水分の働きは 1.摂取した栄養素を体全体に運ぶ2.体内の老廃物を