TOPページ > 水と健康の基礎知識

水と健康の基礎知識

おいしい水の定義

旧厚生省の「おいしい水研究会」が「おいしい水の条件」を発表し、判断材料は「蒸発残留分」「硬度」「遊離炭酸」「臭気度」「残留塩素」「水温」などで、一定の条件を満たしたものがおいしい水だと定義しています。

 

水分補給の上手なタイミング

「喉の渇き」は、脱水症状のシグナル。水分補給の基本は「喉が渇く前に水を飲む」です。起床後のコップ1杯の水と就寝直前のコップ1杯の水は日課にして下さい。それ以外の時間は200ml程度をこまめに。

 

喉が乾いたときはもう遅い?

「喉の渇き」は、体からのSOSサイン。喉が渇く前にこまめに水分補給をしましょう。水分が大量に失われて体内水分量が不足する前に、水分を補給して上手に体内に吸収させてあげる必要があります。

 

水分を摂れる体にしよう

食事以外でほとんど水分を摂らない(摂れない)人は、水分を摂れる体にする事が重要。急に毎日水を飲もうとしても、体や胃に負担がかかり体調を壊します。。少しずつ慣らして「水を飲める体」にしましょう。

 

1日に必要な水分量

1日どれくらいの量の水を飲んだら良いのでしょうか。人間が必要とする1日当たりの水分量は、「体重×1kg当たりの必要水分量(ml)」で求められ、成人男性の場合3リットルが必要量と言われています。

 

水分摂取で得られる効果

意識的に水を飲み、水分を取ることで「生活習慣病」「便秘」「痛風発作」「腎臓結石」「頭痛」「脂肪の代謝」「乾燥肌」や成人病、生活習慣病などを予防・解消することが出来ます。健康のために水を飲みましょう

 

体の中の水分の役割

体内での水分は「摂取した栄養素を体全体に運ぶ」「体内の老廃物を体外へ排出する」「体温調節をする」という役割を持ち、水分不足でドロドロ血液にならないよう、意識的に「水を飲む」ことが大切です。